ちょうど1年前の2014年度診療報酬改定で、高齢者住宅などの「同一建物」居住者に同一日に訪問診療を行った場合、在宅時医学総合管理料(在医総管)や特定施設入居時等医学総合管理料(特医総管)などの診療報酬が約4分の1の水準に引き下げられるという「同一建物減算ショック」が起こったことは記憶に新しい。

「同一建物減算」第二幕、生き残りの鍵は?の画像

ログインして全文を読む