3月18日から21日までオーストリアのウィーンで、第14回St.Gallen International Breast Cancer Conference 2015が開催された。早期乳癌の治療を対象としたこの会議を取材して、ふと2年前の同じ学会との違いを感じた。

ログインして全文を読む