急性期病床の絞り込みを主眼とした2014年4月の診療報酬改定以降、病床再編に動く病院が増えつつあります。その“起爆剤”となっているのが、同改定で新設された「地域包括ケア病棟・病床」。急性期後の患者の受け入れだけでなく、在宅復帰の支援機能も担います。一部病棟を転換する急性期病院が出始めているほか、慢性期病院が運営に乗り出す例も出てきました。

あなたの病院の生き残り策は万全ですかの画像

ログインして全文を読む