2015年度介護報酬改定で、厚生労働省はリハビリテーションの将来の再編に向けた大きな一歩を踏み出しました。その狙いは、高齢化の進展に伴う社会保障費の伸びを抑制する必要性から、リハビリの質と効率の両方を向上させることです。 リハビリの「適正化」とも呼べるこの動きは、診療報酬の領域にも広がる可能性があり、医師に求められる役割が今まで以上に大きくなるかもしれません。

医師の負担増大? リハビリ「適正化」の始まりの画像

ログインして全文を読む