製薬企業が医師に支払った講演料や原稿料などの金額が、2014年から開示されるようになった。日本製薬工業協会(製薬協)が策定した「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」(以下、透明性ガイドライン)に基づく情報開示の一環だ。製薬企業が自ら医師への資金提供の流れを開示することで、「製薬企業と医師の間に不適切な便宜や利益の供与があるのでは」という疑念を払拭することが目的だ。2013年度分の支払いについては、1月27日までに71社が開示した。

製薬企業の情報開示は誰のためにするのかの画像

ログインして全文を読む