10月からいよいよ病床機能報告制度が始まった。同制度は、各病院・有床診療所が有する病床の機能の「現状」と「今後の方向」を、病棟単位で都道府県に報告させるというもの。2015年度からは、その情報を基に各都道府県が地域医療構想(ビジョン)を策定し、医療計画に反映させた上で、病床機能の整理を加速させる。

「データによる制御」時代を病院はどう乗り切るの画像

ログインして全文を読む