病院を分割して病床構成を再構築する急性期病院が登場し始めた。一方を高度急性期に特化した病院にし、他方は地域包括ケア病棟などを整備した病院にして地域との“懸け橋”にするといった具合だ。

病床機能の再構築は2018年度までが勝負!の画像

ログインして全文を読む