日経メディカル9月号の特集「患者の最期 どう向き合う」では、終末期に至る前から患者も医療者も「死の迎え方」を考えておくべき、というメッセージを根底に込めた。多くの読者に読んでほしいと願うばかりだが、取材メンバーの1人として振り返るに、幾つか書き尽くせなかった点があったので、ここに記しておきたいと思う。

「患者が拒否するから」治療を見送っていいのかの画像

ログインして全文を読む