9月12日、高齢者住宅経営者連絡協議会(高経協)の主催による「リビング・オブ・ザ・イヤー2014」が都内で開催されました。2011年4月以降に開設した高齢者住宅の中で、独自のサービスや優れた取り組みを行っているホームを全国から募り、最優秀賞を決めるイベントです。第1次、第2次選考を経て7ホームが残り、当日は各ホームがスライドを使ってプレゼンテーションを実施。それを基に、100人の選考委員が「大賞ホーム」を選出する段取りです。

日本一の老人ホームに「同一建物減算」の危機の画像

ログインして全文を読む