最近、知り合いの看護師から転職の相談を受けた。彼女が勤めている急性期病院では今、出産ラッシュ。復職者も短時間勤務が増えている。そうした事情に伴って、独身の彼女は夜勤回数やリーダー業務の担当日が増え、複数の委員会活動まで任されているという。

「子育て医療職」優遇の落とし穴の画像

ログインして全文を読む