アフリカ西部でのエボラ出血熱の流行拡大が止まらない。これまでのところ、世界で承認されたエボラ出血熱に対する治療薬やワクチンはないが、動物実験で有効性が示されている薬剤や、健常人を対象に第1相試験が実施されている薬剤が複数ある。世界が注目している未承認薬の1つが、富士フイルム傘下の富山化学工業が創製した抗インフルエンザ薬であるファビピラビル(商品名アビガン)だ。

ログインして全文を読む