2014年3月に実施された第99回薬剤師国家試験の合格率が60.8%にとどまり、各方面に多大な影響を及ぼしている。60.8%という数字は、薬学部4年制から6年制への移行期で合格率が低迷した2010年・2011年を除くと、薬剤師国家試験の合格率としては最低レベルだ。しかし、歴史を大きく遡ると、2014年は最低ではない。

ログインして全文を読む