「医師が自身のうつ病を予防できなかったことを責めるのは、あまりに酷。医師は病気になってはいけない、と言っているようなものではないか」。パワーハラスメントがきっかけで若い勤務医が自殺した問題を取材していて、そんな疑問が湧き起こった。

医師は自らのうつ病を予防できて当たり前?の画像

ログインして全文を読む