今年4月の診療報酬改定で、病院が入院患者の「在宅復帰率」の向上を迫られるようになったことは、日経メディカル Onlineでも何度か取り上げてきた。この制度変更に現場がどう対応しようとしているのか、幾つかのケースを取材したが、中でもインパクトが強かったのは、病院からの退院患者の受け入れを増やすため、診療所が院内に「地域連携室」を開設したというエピソードだった。

ログインして全文を読む