最近、ときどき子どもの算数を見てやるのですが、オトナでも一筋縄では解けない難しい問題が結構あって驚かされます。でも、それ以上に毎回、算数の問題を教えていて感じるのは「いいなあ、答えがあるって」ということ。どんなに難しくても、算数なら必ず唯一の「正解」があるわけですから。

MBA流ケースメソッドで医療経営を学ぼうの画像

ログインして全文を読む