「医師が看護師に何を任せたいか、それ次第で制度の意味合いは大きく変わってくる。看護師にとっての制度の良し悪しは、理解ある医師の下で働けるかどうかにかかっている」──。看護師の特定行為について取材していた折、とある医療法人の看護部長が語ってくれたことが、腑に落ちた。

看護師の「特定行為」、生かすも殺すも医師次第の画像

ログインして全文を読む