「2014年度診療報酬改定を一言で言えば、『ふるい落とし』。今まで何度も改定を分析してきましたが、今回は現場にとって最低の改定です」。これは2月18日に行われた、医療機関の経営者向けセミナー「院長予備校」の冒頭における、講師の医療コンサルタント工藤高氏(MMオフィス代表)の発言だ。

今回の診療報酬改定は「病院のふるい落とし」の画像

ログインして全文を読む