1月末からしばらく世間を賑わせた「STAP細胞」に関する報道を、2つの意味で驚きをもって読んだ。1つは、当然ながら発表内容。あのような簡単な手法で分化状態の体細胞を初期化できるとは、想像もしていなかった。もう1つが、ネット上で見せた“盛り上がり”だ。

ログインして全文を読む