先日、日本移植学会が開催したメディア・ワークショップに参加してきた。会場では、同学会の理事で国立病院機構水戸医療センター臓器移植外科医長の湯沢賢治氏による、「日本の臓器移植の現状」と題する国内の臓器移植登録システムについてのプレゼンテーションが印象に残った。

診療データを宝の持ち腐れにしていないかの画像

ログインして全文を読む