2011年10月、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」(高齢者住まい法)が施行されて以降、サービス付き高齢者向け住宅(サ付き住宅)の登録数はうなぎ登り。2013年11月末時点で13万2639戸と、市場は順調に拡大している。しかし、少し気になる動きも出てきた。実は2013年4月から、登録のペースがやや鈍化しているのだ。

多様化が進む「3年目のサ付き住宅」の画像

ログインして全文を読む