厚生労働省は、2014年度から医療機関のスタッフの「雇用の質」の改善に本格的に取り組む考えだ。今年8月の2014年度予算の概算要求で、その目玉として各都道府県ごとに設ける「医療勤務環境改善支援センター」(仮称)の設置費用など、約3億円を要求している。

ログインして全文を読む