半年前の当コラムで、「『腸内細菌が寿命を決める』は本当かも」というタイトルの文章を書かせていただいたが、その後も『大便力―毎朝、便器を覗く人は病気にならない』(辨野義己著、朝日新聞出版)、『病気の9割を防ぐ 腸の健康レシピ』(藤田紘一郎著、マガジンハウス)といった新書や単行本が続々出版され、「腸内細菌ブーム」はいまだに衰えそうにない。

ログインして全文を読む