「それでは渾身の1曲を。震災復興への祈りを捧げたいと思います」。9月21日から、さいたま市大宮区で開かれた日本皮膚科学会東部支部学術大会の会長講演。その講演の終盤、自治医科大学皮膚科学講座教授の大槻マミ太郎氏はこう語ると、壇上のピアノに向かい、たおやかな調べを奏で始めた──。

震災復興への祈り込めた学会長講演のサプライズの画像

ログインして全文を読む