欧米では使うことのできる薬が、日本では適応外、または未承認であるために使えない──。そんなもどかしい思いを経験したことのある医師は少なくないだろう。

ログインして全文を読む