医療財政の逼迫やマンパワー不足の問題もあり、機能分化の推進が大命題となっている病院経営。急性期、亜急性期、回復期、長期療養といった「棲み分け」が進む中で患者に効率的な医療を提供するには、病院相互の円滑な連携が不可欠となります。

「在宅復帰できる患者だけ送って」って言われてもの画像

ログインして全文を読む