記事を執筆するために国内外の学術集会を取材する機会はかなり多い。ほとんどの学会は、取材を希望するメディアを受け入れてくれるが、欧米と日本では受け入れ方が異なる部分もある。取材経験がある海外学会は、日本人も多数参加するような基幹分野の年次学術集会にほぼ限られるが、取材という観点で見たスタイルの違いを紹介してみたい。

ログインして全文を読む