気づいたのは、ほんのささいな違和感からだった。私が住む家の近くには、一人暮らしの高齢のご婦人がいた。きれい好きと見えて、毎朝の自宅近辺の掃除を日課として過ごされていた。会えば「今日は暑いですね」など、他愛ないあいさつを交わすことも多かった。

ログインして全文を読む