診療所の新規開業の成否を分けるポイントの一つが、開業資金の調達。医療・介護の経営誌である『日経ヘルスケア』の取材では、新規開業した医師に対して、資金調達をスムーズにできたかどうかを尋ねることも多い。そこで返ってくる答えは、その時どきの金融事情を反映し、5年ほどのスパンで見ても随分話が違ってくることがある。

ログインして全文を読む