4月14日、ある自主制作のドキュメンタリー映画が都内の劇場で公開された。タイトルは『恫喝』。2007年に社会保険事務局の個別指導を受けて保険医の指定を取り消された後に双極性障害を発症、個別指導を受けてからわずか半年で自殺してしまった開業医、増田聰子氏の個別指導から自殺までを描いた1時間ほどの作品だ。

個別指導を発端に自殺に至ったある女性医師の物語の画像

ログインして全文を読む