東京や大阪などの都市部を中心とした、風疹の大流行が止まらない。2013年第17週(4/22〜4/28)までの累計で全国の患者数は5442例に上り、既に昨年1年間の患者数(2392例)の2倍を超えた。

妊婦の個人防衛に頼っていては、風疹による悲劇はなくならないの画像

ログインして全文を読む