中国国家衛生・計画出産委員会が2013年3月31日、上海市と安徽省でH7N9型鳥インフルエンザに3人が感染したと発表して以来、4月14日現在で既に感染者は60人、そして死者は13人を突破、とうとう揚子江デルタから首都北京まで飛び火しました。

ログインして全文を読む