東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故後、福島では当時18歳以下だった県民を対象に甲状腺検査が行われている。チェルノブイリ原子力発電所の事故で、小児の甲状腺癌が増えたことを受けてのものだ。エコーで「結節や嚢胞を認めない(A1判定)」「5.0mm以下の結節や20.0mm以下の嚢胞を認める(A2判定)」「5.1mm以上の結節や20.1mm以上の嚢胞を認める(B判定)」「直ちに二次検査を要する(C判定)」の4段階で評価し、B、C判定の場合は二次検査を行う。これまでに約13万人の検査が行われた。

ログインして全文を読む