「先生はいつもお忙しそうなので、副作用のつらさを話すのがはばかられる雰囲気です。無理だとは思いますが、十分とことん話を聞いてほしいと思うときがあります」

ログインして全文を読む