先日、取材先の病院医師A氏から興味深い話を聞いた。あくまでも印象に過ぎないと断りながらも、最近、留学や国際医療協力を目的とするのではなく、海外に進出した日系企業の産業医などになる、いわば「出稼ぎ」として日本を出て行く若い医師が増えているらしいというのだ。

ログインして全文を読む