歯科領域でどのような治療の進歩や患者像の変化が起きているかを、医療メディアの立場で知る機会は、正直に言って少ない。今回、患者の立場でも気になる感染制御や、再発リスクの低い治療法について、意欲的な歯科臨床医の1人である筒井歯科大阪北浜インプラントセンター(大阪市中央区)の高島美祐氏に取り組みを聞くことができたので紹介したい。1つは「ラバーダム防湿法」の徹底、もう1つは手術用顕微鏡を用いた精密治療の現状の話題だ。

歯の根の治療は外科手術だの画像

ログインして全文を読む