感染症用ワクチンなどのメーカーである阪大微生物病研究会(阪大微研)は2012年11月22日、厚生労働省が進めていた細胞培養法による新型インフルエンザワクチンの開発・生産のプロジェクトから撤退する旨の申し出を厚労省に対して行った。

新型インフルエンザワクチンの国家プロジェクト、1社撤退の波紋の画像

ログインして全文を読む