日経メディカル オンラインは、毎年行っている「高血圧治療に関する調査」で、2010年から降圧目標値の達成率を尋ねる項目を盛り込んだ。日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン(JSH2009)が求める降圧目標値の達成率の把握が目的だった。残念ながら結果は、2010年から2012年まで3年連続で60%台にとどまったままだ。この現状を打破するためには、何が必要なのだろうか。

降圧目標達成率の向上のためには何が必要かの画像

ログインして全文を読む