薬剤師国家試験対策予備校「ファーマプロダクト」のベテラン講師、和田功氏による薬理学・病態学講座。第6回では第5回に引き続き、うつ病の治療薬を作用点に基づいて解説します。うつ病の病態にはノルアドレナリン神経とセロトニン神経が深く関与しています。今回は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動薬(NaSSA)の作用機序について詳しく説明していきます。

ログインして全文を読む