高知県にある地域密着型薬局「くろしお薬局」の川添哲嗣氏が、ロールプレーで患者アセスメントの極意を伝えます。第10回も第9回に引き続き、薬局の店頭でのやりとりについて見ていきます。マスクを2枚買ったお年寄り。手にはがま口を持っていて、小銭はたくさんありそうなのに、1万円札を差し出してきたのですが──。

ログインして全文を読む