「4月29日に薬局の運営で『あるこう会』を開きます。昨年は患者さんやご家族、スタッフ、ボランティアを併せて150人を超える参加がありました。取材に来ませんか」──。編集部宛にそんなメールをいただいて、「薬局運営イベントに150人ってすごくない!?」と、さっそく取材を申し込みました。てっきり薬局チェーンとしての運営だと思い込んでいたところ、実質は1店舗での運営と知り、2度びっくり。しかもメールをくださった星さんは、薬局の経営者ではありません。どうやったらそんな大規模イベントを“雇われの身”で? 秘訣の一端を聞いてきました。

「雇われ薬剤師でも、患者さんのためのイベントを開けるんです」の画像

ログインして全文を読む