台風15号の影響で時折、激しい雨に見舞われた8月31日、鹿児島市内で若手薬剤師の交流会が開催されました。この日集まった“若手”は、鹿児島県内の20代の薬剤師67人。なぜ20代に限定して、このような交流会を開いたのか。何を目指しているのか――。交流会を企画したマルノ薬局(鹿児島市)代表取締役の丸野桂太郎氏に聞きました。

「20代の薬剤師が成長すれば、薬剤師バッシングは消せる」の画像

ログインして全文を読む