安全・安心で質の高い薬物治療を提供するために、医師と薬剤師が一緒になって薬物治療の評価、研究、普及、教育などの活動を行っている、日本アプライド・セラピューティクス学会。同学会は今年8月、薬物治療のエッセンスをまとめた書籍『2ページで理解する標準薬物治療ファイル』(南山堂、2013)を発行しました。67疾患にわたる薬物治療の基礎知識が、この1冊にぎゅっと詰まっています。編さんに関わった小川氏に、書籍に込められた思いや、薬局薬剤師にどのように活用してほしいかについて、語ってもらいました。

「患者のモニタリングを行う上で、標準治療への理解が欠かせません」の画像

ログインして全文を読む