あすか製薬(東京都港区)は2018年7月6日、高血圧治療薬のバルサルタン錠20mg「AA」、40mg「AA」、80mg「AA」、160mg「AA」(一般名バルサルタン)を自主回収すると発表した。

 中国で製造された原薬に、発癌性があるとされるN-ニトロソジメチルアミンが混入しているとの情報を入手したため。現在までに国内外で、重篤な健康被害が発生したとの報告はない。

バルサルタン「AA」回収、発癌性物質の混入での画像

ログインして全文を読む