科学的根拠(エビデンス)と経済性に基づく医薬品選択の指針「フォーミュラリー」を、地域で策定しようという動きがある。2018年8月4日、都内でシンポジウム「地域フォーミュラリー実施に向けた現状と課題」を日本医療コンコーダンス研究会と東京大学大学院医学系研究科地域医薬システム学講座が共催する。同講座教授で医師の今井博久氏に話を聞いた。

地域統一の医薬品選択指針、策定への画像

ログインして全文を読む