医薬品医療機器総合機構(PMDA)は2018年6月29日、重篤副作用疾患別対応マニュアルの改訂版と新規作成分を公表した。新規で追加された疾患は「多形紅斑」と「低カリウム血症」の2つ。改訂したのは10疾患で、「急性腎盂腎炎」を「血管炎による腎障害(ANCA関連含む)」など、一部名称を変更した。

重篤副作用マニュアル、12疾患が改訂・追加の画像

ログインして全文を読む