日本調剤(東京都千代田区)は、2018年6月1日、倉敷中央病院(岡山県倉敷市)に薬店「NICHO+くらしき」を出店した。 病院の正面玄関を通り、左手に見えてくる会計や薬剤部の受け付けのちょうど裏側に、薬店はある。同院の1日当たり外来患者数は1000人、付き添いも合わせると2800〜3000人が訪れる。薬店の前は、外来の診察を待つ人、診察を終えた人で、往来が絶えない場所だ。オープン当日、店の前では、多くの人が物珍しそうに立ち止まっていた。

日本調剤が倉敷中央病院の院内に薬店を出店の画像

ログインして全文を読む