文京区薬剤師会(東京都)は、2018年5月21日、「残薬管理・保管バッグを用いた服薬支援事業」を開始した。この事業は、バッグを活用して薬の飲み合わせや残薬を確認したり、薬剤の調整に生かしたりする「ブラウンバッグ運動」の“進化版”ともいえる。

文京区薬剤師会、新しい残薬バッグで事業開始の画像

ログインして全文を読む