内閣府の規制改革推進会議は、2018年3月27日、公開ディスカッション「オンライン医療の推進に向けて」を開催した。2018年度診療報酬改定では、医科点数として、「オンライン診療料」や「オンライン医学管理料」などが新設された。算定は限定的なものとなるが、規制緩和の一環として受け止める向きも多い。だが、服薬指導は依然として対面で行うこととなっており、電子処方箋は普及していない。

遠隔服薬指導は「前向きに協議を継続」の画像

ログインして全文を読む