2018年3月16日、厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」の第4回が開催された。スイッチOTC薬の候補として要望があった成分のうち、オメプラゾールなどプロトンポンプ阻害薬PPI)3成分については、日本消化器病学会日本臨床内科医会で意見が分かれ、改めて審議することとなった。

PPIのOTC化、内科医会の猛反発で結論出ずの画像

ログインして全文を読む