厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は2018年3月7日の総会で、抗インフルエンザウイルス薬であるバロキサビルマルボキシル(商品名ゾフルーザ)の薬価収載を了承した。通常、4月に薬価改定のある年には、改定直前に新薬の薬価収載は行われないが、シーズン中の使用が可能となるよう、緊急収載された。

新規抗インフル薬のゾフルーザが薬価収載への画像

ログインして全文を読む